株式会社保健科学東日本が生活習慣病に悩む現代人を救う

株式会社保健科学東日本が生活習慣病に悩む現代人を救う

私たちは豊かな現代社会に生きています。食べ物に困ることもほとんどなく、恵まれた暮らしをしているかもしれません。しかし、あまりにも恵まれ過ぎているが故に、今度はさまざまな生活習慣病を抱えるリスクが増大しました。

たとえば、糖尿病や高血圧といった疾患は、豊かな現代社会が招いた病気だと言えます。 実は生活習慣病の多くは、遺伝によって発症しやすさが決まるそうです。同じ生活をしていても高血圧になってしまう人とそうでない人がいる理由は、こういった部分にあると考えられています。そこで、大切なことは遺伝子を検査し、事前に発症しやすい症状を把握することなのです。

株式会社保健科学東日本は、生活習慣病リスクの検査を得意としています。アディポネクチン遺伝子多型検査や循環器疾患関連遺伝子多型検査によって、メタボリックシンドロームや高血圧のリスクを測定することが可能です。

発症リスクが高いと考えられる人には、医師が指導を行い、改善すればよいでしょう。 これからの時代は、遺伝子検査によって生活習慣病を防ぐ時代です。予防によって健康寿命が延びれば、一人ひとりの生活ももっと豊かになります。株式会社保健科学東日本の提供する検査技術を通じ、こうした社会の実現を目指すことが期待されます。



検査で健康を管理する保健科学東日本

保健科学東日本は様々な健診や環境検査も事業として行っていて、病院などの医療機関からの臨床検査受託を基盤にしながら、行政や企業も無視できないリスク回避に伴う食品検査・水質検査・大気検査などの業務を行っています。これ以外にもオリジナルのノウハウを提供しながら、食品取扱者による衛生管理の向上・従業員の衛生意識向上などのトータル的サポートもしてくれます。

集団検診は年齢に関係なく学校でも企業でも導入されていて、保健科学東日本でも幅広い分野の団体に集団検診を提供しています。毎日の生活を楽しく過ごすためには、日頃からの健康管理が重要だからこそ、学校や職場などで定期的な集団検診をしながら、各種疾病の早期発見・予防をしてもらうための重要性を訴えています。集団検診では主に検便検査、検尿・蟯虫卵検査をしていきます。検便検査は学校や企業などで導入しやすい検査方法で、検便の検査をすることで様々な病気の可能性を探ることができますし、万が一病気が発見されたら早期治療もすることができます。検尿・蟯虫卵検査も検便検査と同様に様々な病気を早期発見することができますので、特に学校や保育園の児童・生徒、園児の健康状態を把握するために重要な検査となっています。

今地球環境が変わってきていて、水質検査の需要が伸びています。ただ水質を調査するだけではなくて、保健科学東日本ではニーズに合わせた幅広い検査を実施しています。特に力を入れているのが排水検査で、工場や事業場から公共用水域に排出される排水がしっかり基準に定められている通りに排水されているかを検査します。排水検査の次に需要があるのが「冷却水検査」です。冷却水検査ではレジオネラの増殖に適している冷却塔水を検査して、レジオネラ症の集団感染などを予防しています。

保健科学東日本では食の安全を守るために「食品衛生検査」も行っています。食品衛生検査を実施することで、食材を中心として、調理品・加工品の微生物検査を実施することができます。さらに食中毒菌の有るか無いかを調べたり、その食品の微生物がどれくらい汚染されているかの汚染度や腐敗状況をチェックしたり、食中毒が起こる危険性なども同時に知ることができる検査を行っています。健康志向が高まっている中で今需要があるのが「残留農薬検査」です。保健科学東日本の残留農薬検査はどれくらい農薬が野菜に付着しているかをチェックする検査です。農薬の適正使用や輸入食品の自主検査などに適しています。

最新のお知らせ

  • [2016年12月01日]
    ホームページを更新しました。

  • [2016年12月01日]
    運営者情報を追加しました。